【パーソナルカラー】「顔映りがいい」ってどういうこと?

○○診断について
この記事をおすすめしたい方

・似合う色について今ひとつピンとこない方
・似合う色をシーンに合わせて活用したい方
・4シーズンの中でもっと似合う色を見つけたい方

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー=その人に調和する=似合う色です。

人の色(肌・髪・目のボディカラー)と
物の色(ファッションや小物、インテリア等)

が調和して個性を引き立てるかということですね

この似合う色はグループ分けされ、分類法は様々ですが
一番一般的なのが4シーズンカラーシステムです。
皆さんがよく聞く、サマーとかスプリングとかですね。

4シーズンカラーシステムは
季節の名前を冠した「春・夏・秋・冬」4つの色調のグループに分かれています。

似合う色は「赤が似合う」といった一つの色ではなく
同じ色調のグループで分類します。

4つのシーズン(グループ)の特徴

季節の名前=それぞれのグループの色調を表しています。

☆春(スプリング)タイプ→明るくあたたかい、澄んだ鮮やかな色合い
フレッシュな春のお花畑のイメージです


☆夏(サマー)タイプ→明るくつめたい、濁った穏やかな色合い
涼しげでやわらかな紫陽花のような、エレガントなイメージです。


☆秋(オータム)タイプ→濃くあたたかい、濁った穏やかな色合い。
実りの秋を思わせる、こっくりリッチなイメージです。


☆冬(ウィンター)タイプ→濃くつめたい、澄んだ鮮やかな色合い
冬の夜空に映えるイルミネーションのような、華やかでシャープなイメージです。

それぞれのグループの身体的特徴

例えばスプリングタイプの色が似合う人は、
先ほど紹介したスプリングの色合いと同じ特徴を持っています。
=あたたかく明るく、澄んだ鮮やかな印象のボディカラーです。

もう少し詳しくお伝えすると、

・明るい=肌や髪の色素が明るい
・あたたかい=あたたかさ、黄みを感じる
・澄んだ=肌や髪のツヤ感がある
・あざやか=瞳や肌、髪色のコントラストが強い

といった要素をお持ちです。

反対に

・濃い=肌や髪の色素が濃い
・つめたい=つめたさ、青みを感じる
・濁った=肌や髪のマット感がある
・穏やか=瞳や肌、髪色のコントラストが弱い

ということです。

「似合う」=どういう見え方?

雑誌やSNSのパーソナルカラー記事で
「似合うグループの色を身に着けると
お顔が華やかに血色良く、
お肌はきめ細やかに見え透明感が出ます」

といった表現を目にします。

「じゃあ、似合う色ならどの色を選んでも同じ見え方なのかな?」
「スプリングの色とウィンターの色は同じ効果なのかな?」
「似合う色でみんな透明感が出て華やかで血色も出るの?」

診断前、カラー診断について調べてきた方によく聞かれました。
確かに疑問はごもっともです。
色も人の色も違うのに、同じ見え方をするのは不思議ですよね。

この後
「それぞれの似合う色でどう見えているか」
「たった4つのグループという分け方から、より似合う色を見つける方法」
について詳しくお伝えします。

お顔はどういう風に見えている?

では、似合う色をお顔の近くに持ってくるとどう見えるか?
具体的に説明していきます。

・明るさを足す=顔が明るく、影が目立ちにくくなる
・あたたかさを足す=血色がよく見える
・澄んだ色を足す=肌や髪のツヤが出る
・あざやかな色を足す=お顔のコントラストが引き立ち華やかに見える
・濃さを足す=目鼻立ちが立体的に見え、輪郭が引き締まる
・つめたさを足す=お肌が色白に、透明感が出る
・濁った色を足す=肌や髪が滑らかにきめ細やかく見える
・穏やかな色を足す=地味に見えず、瞳や肌、髪色が落ち着いて調和する

それぞれの顔映りのメリットはこんな感じです。
一言で似合うといっても、効果は様々ですね!

また、自分の強いボディカラーの特徴=特に似合う色の特徴になります。
例えば「スプリングタイプだけど色素が薄い人=明るい要素が特に似合う」
といった感じです。

反対に「スプリングなのに鮮やかな色がしっくりこない」
等の悩みを持つ人は、他の要素が強く対比で今一つに見えているかもしれません。
自分は色素が薄めかな?目や髪と肌のコントラストが強いかな?など
自分の特徴を詳しく分析してみましょう。

まとめ:見え方を知って見せ方に活用できると◎

似合う色を身に着けると、良いところが活き個性が引き立ちます。
そして見え方が分かると、
自分を演出したりメイクで欠点を補うことができます。

「今日は肌のきめ細やかさを活かそうかな?」
「今日はいつもより少し強い色を着るから、メイクでコントラストを足そう!」

なんて、狙って演出できると良いですよね。
あなただけの個性を前向きに楽しんで下さいね。

コメント