【骨格診断】骨格診断とは?&各タイプ別お悩みTOP3

○○診断について
この記事をおすすめしたい方

・骨格診断について簡単に知りたい方
・自分の骨格に悩みがある方
・他のタイプのお悩みが気になる方

こんにちは、ノムです。
元パーソナルスタイリストの主婦です。

今回は簡単な骨格診断の説明と、
私が相談を受けた各骨格のお悩みトップ 3 を紹介します。

骨格診断とは?

その人の骨格や肉質、ボディラインから似合うファッションを分析します。
7タイプや9タイプといった細分化されたミックスタイプや、
顔を含めた全体の印象で伝える診断もあります。

中でも1番一般的なのが、この3タイプ骨格診断です。
身長、年齢、太っている痩せているは関係ありません。

骨格診断で何が分かる?

骨格診断では、似合う服の形と素材がわかります。

形=フィット感や装飾
素材=生地の風合いや厚み

これが分かると、服選びがとてもスムーズになります。

それぞれのタイプの特徴

ここでは、骨格診断3タイプの特徴を簡単に紹介します。

骨格ストレートタイプの特徴

筋肉質でメリハリがあるグラマー体型
深田恭子さんや小池栄子さん、今田美桜さんや川口春奈さんなど
グラマラスなメリハリ体型で、
シンプルな服装も格好良く決まるタイプです。
ハリのあるフラット素材・装飾少なめ・ミドル丈やジャストウエスト
が得意です。

骨格ウェーブタイプの特徴

華奢で身体が薄く、肌質が柔らかいスレンダー体型
佐々木希さんや浜辺美波さん、田中みな実さんや新木優子さんなど
華奢で女性らしい印象で、エレガントな服がお似合いです。
薄く柔らかな素材・フリルやタックの装飾・ハイウエストやクロップト丈が得意です。

骨格ナチュラルタイプの特徴

身体のフレーム感が強く、肉感を感じにくいスタイリッシュな体型
富永愛さんや本田翼さん、中村アンさんや生見愛瑠さんなど
スタイルがよく、カジュアルなファッションもさらっと着こなせます。
地厚な天然素材・大きめの立体感・ローウエストや長め丈が得意です。

それぞれのタイプの代表的なお悩み

こんな感じで、どのタイプも素敵な特徴があります。
それ故に、相性の悪いファッションがあったり
体型の個性が悪目出ちして見えることがあります。

ここでは各タイプの方から多かったお悩みを多い順にまとめてみました。

それぞれのタイプのよくあるお悩み〈ストレート編〉

着太りして見える

どのタイプにも太っている方、痩せている方はいます。
ですがやはり体に厚みがあるストレートは、着太りして見えてしまうのです。
立体感のあるデザインや生地だと、
体の厚みに装飾の厚みで迫力が出過ぎてしまいます。

対策は

・装飾や立体感のないものを選ぶ
・生地はフラット&肉感を拾わない厚みのあるものを選ぶ

生地については別の記事で詳しく紹介します。

最近のファッションが似合わない

ここ数年の長期的な流行はオーバー気味のシルエットで、
ユニセックスのデザインもよく見られます。

短期的な流行ではランタンスリーブやぽこぽこ素材といった
盛り感のあるものも多いですね。

これらはどれも骨格ストレートが苦手なデザインです。
しかし今後、ストレートの似合うスタイルが流行になることもあります。

例えば今年の夏はミドル丈の羽織やミドルライズのボトムも増えています。
気長に待ちましょう。

そしてストレートに似合うのはベーシックスタイル=なくなりにくいものです。
お気に入りのベーシックアイテムをじっくり探して見て下さい。

好みのファッションではない人が多い

雑誌の骨格診断特集やECサイトの「ストレートにおすすめファッション」。
これってシンプルすぎてアガらない…って方はすごく多かったです。

シンプルなオフィスファッションに近いので、
このスタイルが好き!という方はあまり多くないです。

他のタイプにも言えることですが、
好みでは無いのに、無理して似合うものを着る必要はありません。
これについては別の記事で紹介しています。

それぞれのタイプのよくあるお悩み〈ウェーブ編〉

下半身が気になる

上半身が華奢なので、下半身(特に横幅)が気になる方が多いです。
でもこの下半身、服で上手にカバーできるんです。

ウエストをフィット・下半身をフレアでメリハリをつけると下半身をカバーしつつ重心が上がり、スタイルアップします。

スカートはやりやすいけどパンツは少しコツがいるので、
別の機会で紹介していきます。

体が寂しく見える

人によっては貧相に見えてしまうのは華奢ゆえです。
デコルテが物足りなく感じる人が特に多いです。

他には顔まわり、腕、頭など…。
骨が華奢なので、痩せてるタイプのウェーブさんに多いお悩みです。

でも華奢=服の装飾で盛っても野暮ったくならないのがメリットです。
寂しいところには、立体的な装飾を足しましょう。

・華奢なデコルテにタックやフリルの装飾
・腕や肩にボリュームの出る袖コンシャスなトップス
・頭の骨が薄い&絶壁さんは巻いたり後毛を引き出して立体感を出す

…など
ディティールが凝ったファッションを楽しめます。

むくみやすい

肉質が人それぞれですが、脂肪質な人が多いウェーブさんあるあるです。
脂肪質とは太っているということではなく、女性らしい柔らかい肉質ということです。

脂肪が多いと、身体は冷えてむくみます。
むくみは締め付けると血行不良で悪化するので、
むくみが気になるところはふわっとカバーします。

例えば太もものむくみが気になるならタイトなボトムスではなく、
ふわっとフレアシルエットが締め付けずカバーもできます。

マッサージやストレッチといったセルフケアは有効なので、
頑張れる方はぜひ試して見て下さい。

個人的におすすめなグッズはフォームローラーです。
コロコロするだけなのでながらケアできて、心理的ハードルが低めです。

それぞれのタイプのよくあるお悩み〈ナチュラル編〉

膝、腰骨、鎖骨、肩などの骨が気になる

骨がしっかりしているからこそのお悩みですね。
気になるポイントは服のシルエットで隠せばOKです。

色々カバーできておすすめなのが
タイトすぎないマキシ丈のAラインorフレアスカートです。

腰骨・膝をカバーしつつ重心を下げて
更に肩幅が気になる方もバランスをとりやすいです。

肩や鎖骨は露出するより、隠せる襟やドルマンスリーブでカバーすると
よりスタイルアップします。

手足が身長に対して大きい

手足の骨も身長に対ししっかり大き目な方が多いのです。
足は甲高幅広の人も少なくありません。
細身の靴は無理に履くと外反母趾の原因になることもあるので、足にあった靴を選びます。

手が大きいのを気にする方もいますが、
華やかなネイルやボリュームのあるアクセが映えます。

手の大きさを隠そうと華奢なアクセサリーをつけると対比で手が大きく見えます。
長い指ならではのおしゃれも楽しんでみてください

痩せても華奢に見えない

体のフレーム感しっかりあるナチュラルさんは、
「痩せていても華奢だと言われない」と悩む方もいます。

細さを目立たせるフィットした服は却って骨感を強めてしまいます。
少し身体が泳ぐルーズ感が、フレーム感をカバーしより女性らしく見せます。

華奢そうなふわっと感に憧れがあれば、ふわっとしたドルマンブラウスなどがおすすめです。生地は厚い方が得意なので、厚みがありマットな生地を選ぶと更に似合います。

他のタイプが羨ましいと感じる方へ

あなたが他のタイプを羨ましく思う場合、それは
「自分の好きなファッションスタイル」が似合うことが羨ましいんですよね。

「可愛い服がウェーブタイプ羨ましい。そういえば私はフェミニンが好きだなあ」
って感じです。

この気づきは結構大切です。

好みじゃないものも似合うって言われると、
好きになろうと無理したり、
好きだと思い込もうとすることもあります。

そうすると本当に好きだったものを見失います。
それは結局ファッションを楽しむことから遠のいてしまうので
まずは気づいてラッキーと思うのがおすすめです。

まとめ:良い点に注目して魅力を活かそう!

コンプレックスを感じすぎると、せっかく他にいい面があっても気づきません。
ぜひ自分の素敵なところにも注目してあげて下さい。

また、ネットや対面の診断でショックを受けてここに来た方もいるかもしれません。
診断はショックを受けるためではなく、自分を正しく知るためのものです。

苦手なところを正しく知れば対策もいっぱいできます。
そしていいところもいっぱい教えてもらったはずです。

自分を知って、良いところを活かしつつお悩みをカバーしてみて下さい。

コメント