【着痩せ】後ろ姿が若返る!背中をすっきり見せる方法

体型カバー
この記事をおすすめしたい方

・背中が逞しく見えると感じる方
・年をとって背中がもっさりした気がする方
・薄手の服を着ると後ろ姿が気になる方

今日は背中の着やせです。
何気なく見えた自分の後ろ姿。
ハミ肉が気になったり、
ガタイが良くなった気がする…
漠然と思っていた方は少なくないと思います。

背中は年齢が出やすい部分で、
お肉を上手にカバーすると若返り効果も大きいパーツです。

背中の着痩せを2タイプに分けて紹介するので、
自分に合った方法を取り入れて見て下さいね。

背中が大きく見える、2つのタイプ

あなたの背中のお悩みは、下記のAグループ・Bグループのどちらが近いでしょうか?

〈Aグループ〉
・後ろ姿が四角い
・姿勢が悪く猫背
・肩甲骨が埋もれている

〈Bグループ〉
・バストのお肉が流れている
・背肉でウエストが埋もれる
・脇と背中にハミ肉あり


〈Aグループ〉のお悩みは、ガタイが良く見える「がっしり背中タイプ」
〈Bグループ〉のお悩みは、背中の肉感を感じる「ぷよぷよ背中タイプ」
です。

それぞれのタイプに分け、着痩せに有効な方法を紹介していきます。
どちらの悩みも当てはまる方は両方試してみて下さい。

何だかたくましく見える、がっしり背中タイプ

このタイプは筋肉質な方、肩幅の広い方に多いです。
背中が広く大きく見えるので、この面積を視覚的に削っていくのが一番効果的です。

がっしり背中タイプの着痩せ術

・後ろの首元を開ける
→背中が開いたデザインのトップスで、背中の面積を小さく見せます。
 浅くV字に開いたものなら挑戦しやすいです。

・後ろにドレープや切り替え
→背中の厚みを隠しつつ、広く見える背中の面積を分割します。

・後ろに刺しゅうやイラスト入りのトップス
→こちらも面積を小さく見せ着やせします。
 ストライプなどの縦方向の柄はより細く見せてくれます。

・襟を抜いて着る
→背中開きトップス同様すっきり見えます。
 袖部分にボリュームが出にくいデザインのシャツなら、
 肩や腕の厚みがある人も安心です。

・ウエスト部分に切り替え
→背中が四角く大きく見えないよう、ウエストマークで分断します。
 カーディガンやトレンチコートの紐を後ろで結ぶのも有効です。

・ストールやマフラー、羽織ものを活用
→こちらも背中ののっぺり感や肉感を隠します。
 一番丸く見える首から肩甲骨のあたりを上手く隠します。

シンプルなポンチトップスですが、
背中はタック入りでメリハリが出ます。
後ろから見ても首の開きがあり、背中全体がすっきり見えます。
肉感を拾わない厚みとシルエットで安心。

こちらのシャツは背中にタック入り、体のラインを拾わないシルエットです。
お出かけ直前に背中のお肉が気になる!というときに羽織ものは役立ちます。
トップスの上から斜めにたすき掛けすれば、おしゃれに背肉隠しできます。

背中に段差が見える、ぷよぷよ背中タイプは

肌質が柔らかめの方や、下着のサイズがあっていない方が多いです。
薄手の服や体に沿った服を着た時、背中や脇の段差が気になりますよね。

このタイプは「下着選びにこだわる」「段差を目立たせない」
着やせ方法がメインです。

ぷよぷよ背中タイプの着痩せ術

・細い肩紐&バックベルトのブラジャー避ける
→細い肩紐は食い込みやすいので、安定感のある太めのベルトを選びます。
 補正力のないブラキャミも要注意です。

・ブラジャーのサイズを見直す
→加齢と共にバストサイズの変化、特にアンダーが変わることはよくあります。
 小さすぎるものを選ぶと食い込むので、こまめなフィッティングを心がけます。
 またメーカーによって同じサイズでも合わないことも。
 可能であれば購入の際は試着をするのがおすすめです。

・脇肉・背肉対策下着を選ぶ
→このタイプのブラはバックベルトやサイドボーンが高く、
 背中のお肉をバストに流してくれるものが一般的です。

ノム
ノム

脇肉&背中補正のブラキャミやボディシェイパーもあります。
背中にパワーネットが入っていて、
脇に段差ができずすっきり見えます。

注意点は補正力が強いので少しきつく感じることと、
サイズを合わせないと逆に食い込んでしまうことです。

・ふわっとAライントップスでカバー
→服のラインで下着のラインを隠します。
 全体的に大きく見えないよう、ボトムスはコンパクトにまとめます。

・羽織ものを活用
→出かけるギリギリに背中の段差に気が付いた時の最終手段です。

ノム
ノム

私もよくやります。
特に薄着になる夏は、お出かけ前に鏡で後姿もチェックしましょう。

補正下着の良いところは、ブラは好きなものをつけられることです。
バストはハミ肉しにくいものを選んだ上、補正下着を足せば完璧です。
こちらは背筋がピンとのび、背中の丸みをなくし段差も押さえてくれます。

普通のペプラムは腰から広がるシルエットのため、背中はカバーできません。
が、こちらのブラウスはAラインなので背中の段差は全く気になりません。
肩のシルエットがコンパクトで、華奢見えします。

まとめ:自分で見えにくいけど、背中やせは若返り効果は抜群!

すっきりした背中は若々しさの象徴です。
年とともに気になる後ろ姿ですが、
着やせアイテムを有効に使って、後姿-5歳を目指しましょう!

コメント